amairo
amairo
埼玉県深谷市の小さな雑貨店 amairo
ホーム / くらしのコラム / はじめましてな気がしない、新しい仲間

はじめましてな気がしない、新しい仲間

新しいスタッフを迎えました

▲左から:あゆむさん/店主がんちゃん/パティスリー コ・ボナの奈々さん

 

もうお会いした方もいらっしゃるでしょうか?この夏、amairoに新しいスタッフが仲間入りしました。あゆむさん!!(とコラム上でも呼びかけたら「ハイっ!」と答えてくれそうな方です)

 

7月のとある日、店主が大好きなさいたま市見沼区にあるカフェ&ギャラリー「温々」さんで密やかな歓迎会を開催しました。密やかな…はずだったんですが…お察しの通り、このメンツが揃って密やかになるはずがありません。どうにもこうにも笑いに満ちた会となりました。

 

あゆむさんの素敵な人柄を少しでも感じていただけるコラムとなりますように。

(2019.07.19更新)

 

 

なにも言わずとも「お待ち合わせですか?」

▲農家の納屋を改装したお店です

 

「温々」さんへはわたし(店主の姉)だけ現地集合だったのですが、到着時間が少し深谷組のほうが早く、わたしが店内に入ると店員さんがすかさず「お待ち合わせですか?」と。

 

一味だと思われている!!!(店員さん、正解!)

 

目の前に森が広がる窓辺に面した特等席に、あゆむさんと店主が座っていました。この日、あゆむさんとは初めましてではなく。これも不思議なことに、あゆむさんがお客さんとしてamairoを訪れていた時、しょっちゅう出くわすお客さんの一人でした。(ほかにも遭遇率高い方が何人かいらっしゃいます)

 

これもまた不思議なことに、こんなふうにamairoの外でお会いして、これから一緒に食事をするというのに、妙な緊張感もなかったんです。はじめての会なはずなのに、ぜんぜん初めてな気がしない!むしろ昨年の名古屋弾丸ツアーにも一緒に行ったような気さえしてくる…

 

あゆむさんの「構えるとも構えない」魅力を目の当たりにしたのでした。

 

そしてお手洗いから戻ってきた奈々さんの「素敵なお店ですよねー!」の一言から、歓迎会という名の“壮大なるおしゃべり会”がスタート。

 

 

働く前と後で、変わったこと

この日はコラム用のインタビューも兼ねていると店主から事前に伝えていたため、ご主人から「履歴書持って行きなよ」と言われたというあゆむさん。一同爆笑。

 

まずはいちばん気になっていたことを尋ねてみました。amairoで働いてみてのギャップってありましたか?

 

「ギャップというか、買い物がしにくくなりました!」

 

ええー!どういうこと?よくよく尋ねてみると…

 

「お客さんとして行っていた時は何も気にせず、ほしい!と思ったものを買っていたんですけど、今はかわいいなあ、と思ってもほかに気にいる方がいるかもしれない、と思ってしまって」と、あゆむさん。

 

1週間くらい期間を寝かせて(その間、念力を送り続けるらしい)から買い物をするようになったんだとか。既におもしろい…

 

「夫が予言するんです。amairoで働いたお給料、ぜんぶamairoで使うんじゃって!」屈託なく笑う姿にこちらも笑ってしまいました。

 

店主の人生で一番のギャップがあった人

▲「温々」さんは、食事も野菜がたっぷりでおいしいんです。といいつつ、わたしはこの日、豚生姜焼き丼。

 

あゆむさんは元自衛官という異色の経歴の持ち主。「たぶん生きてきたなかで一番驚いたギャップ!」と店主がいうほど、汗をかかなそうな見た目からは想像もつきません。(そして姿勢が良い!味噌汁の飲み方がCM!)

 

出身の名古屋でテレビ局のカメラアシスタントとして働いていた頃、「写真部があるよ」と聞きつけ、うっかり受けたら受かったという自衛官の職。でもその写真部がなくなってしまい、ご本人いわく「へっぽこ自衛官でした」という3年間を過ごすなかでご主人と出会い、結婚、出産。

 

その間、ご主人が転勤族ということもあり、日本中のさまざまな土地を巡り巡って、いまに至るといいます。赴任先でお気に入りの雑貨屋さんとパン屋さんをみつけるのが楽しみだったのだとか。

 

amairoとの出会いも、この地へ引っ越してきたあゆむさんがInstagramで黒いサロペットをみてお店を訪れたのがきっかけだったんだそうです。

 

(注:この話の合間合間で奈々さんによる爆笑トークが繰り広げられているのです。お伝えしきれないのが残念!)

 

 

がんちゃんさんのいない空間

奈々さんを筆頭に、今回あゆむさんも加わり、着々とお店番をしてくれる仲間が増えているamairo。そのおかげで、店主は新しいアイテムの発掘や作家さんとの展示企画など、お店をもっとワクワクさせるための活動に力を注ぐことができてきています。

 

「今まで店主が一人でやっていたお店で働くって、わたしだったら絶対いや!」と店主が言うように(え!)、店主が一人で育んできた空間にたつことは、結構勇気のいることかもしれません。「がんちゃんさん(店主)とお話するのも、お客さんにとっての楽しみだから」と、あゆむさん。

 

 

▲食後にはココアをいただきました。これもおいしいんですよー!

 

「だから、がんちゃんさんのいない空間を、お客さんに残念な気持ちにしないようにっていうのはすごく気をつけています」と言うあゆむさんは、すごくかっこよかった。しみじみ、よかった。

 

すると奈々さんが、こんなことも言っていて。

「さゆりさんが店頭にいないことで、逆に楽しんでもらうこともできると思うんです。なんか買わなくちゃいけないかな、とか、思ってしまう方もなかにはいると思うんですよね。amairoが好きであればあるほど。でも、ただじっくり見て帰りたい日もあるじゃないですか。私もあるし(笑)そういう気分のときに、私やあゆむさんがお店番していることが、お客さんにとっても気楽だったりするのかもしれないですよね」

 

たしかに、そうかもしれないなあ。二人がそう話す横で、店主は感動しきり。

「もう、わたしは今ちょっとパリピ。いえーい!って感じ!」

 

ドッと笑いが溢れて、二人の温かな想いも空間に溶けて、ココアが身体に沁みて、あゆむさんの姿勢がよくて、すごく良い歓迎会になりました。

 

新しい仲間を迎えてパワーアップしていくこれからのamairoもどうぞ、ご贔屓に。よろしくおねがいいたします。

 

 

あゆむさんってどんな人?一問一答

この会が終わった後、あゆむさんに私個人の興味もあってアンケートに答えてもらいました。お店に伺う機会があれば、話のネタにしてくださいね。

 

▼好きな食べものはなんですか?

・海老:好き過ぎて、食べ過ぎてアレルギーになりました(涙)
・納豆:NO納豆NOライフ
(豆が好きです。小豆とか。年に360日は納豆食べています。あづま食品の有機納豆、大豆の味が濃くて美味しいです!)

 

▼深谷近隣で好きなお店はどこですか?

行かないと禁断症状が出るお店は‥

・アイモさん(人生で唯一スープまで頂けたラーメン🍜)

・おだしまパンさん(キャロットケーキといちじくのパンが大好き)

・糸屋さん(家族はおやつが糸屋さんの最中だとテンションマックスに)

・黒んぼ食堂さん(オムライスはもちろん杏仁豆腐も美味しくて、2日続けて行ったこともあります)

・自然食品店のいなかやさん(調味料はこちらでお世話になっていて、食品の事を色々教えてくれて助かっています。)

・ブックオフ(掘り出し物を見つけるのが楽しい)‥。

*そうそう、あゆむさんはハーブや漢方、自然食品にも造詣が深い方なので、そのあたりもぜひ直接尋ねてみてくださいね!

 

▼好きな映画はなんですか?

・人生フルーツ(私の目標です)

・帰ってきたドラえもん

・かもめ食堂

 

▼いまほしいものはありますか?

・コーヒーサーバー(現在のサーバーは何十年も前の物で小さいのです。)

・あとは聖籠。お勧めあれば教えて頂きたいです。

 

▼仕事に限らず日々心がけていることはなんですか?

とりあえずリセット!

(部屋の汚れだったり、気持ちの面でも常にリセットするようにしています。そうすると、気持ち良く生活できるような。だけど昔はそれが原因でもっと反省しろと親に余計に叱られた事も多々あります。)

 

▼最近みた夢をおしえてください!

娘のお弁当を作ってる夢で、起きたらもちろん作られていないから損した気持ちでした。

 

▼好きな音楽はなんですか?

実は何でも好きなのです。

邦楽、洋楽、ジャズも。ラッパーのsaluだったりも。

amairoっぽくない回答ですみません

 

以上、一問一答でした!たのしかった!

きょうも1日、おつかれさまでした。明日もまた、素敵な1日を。

*******

 

▼今後のイベント情報▼

・8月1日~13日/夏のgamaru展
・8月17日~27日/petit maison秋のオーダーバッグ受注会
・9月/humming bird秋のブーティー受注会(仮)

 

 

オンラインショップ