amairo
amairo
埼玉県深谷市の小さな雑貨店 amairo
ホーム / くらしのコラム / 悶絶!極厚の生チョコサンド

悶絶!極厚の生チョコサンド

こだわりをかさねた美味しさ

パティスリー コ・ボナさんが、またもやってくれました!バレンタイン限定の[キャレ・オ・ショコラ]。瞬く間にご予約が殺到したこちら。2/9(土)〜14(木)の間、店頭販売分もわずかですがご用意ができそうです。

今回のコラムでは、店主と悶絶した試食会の模様や、コ・ボナさんに尋ねたおいしさの秘密など、ザ・盛りだくさん!でお届けいたします。

こちらを読んでイメージを膨らませたり、実際に食べてから読んで余韻に浸ったり…。みなさんそれぞれのペースで[キャレ・オ・ショコラ]の思い出が深められますように。それでは、スタートです!
(2019.02.08更新)

 

私、試食しないと書けないので

コピーライターであるわたしの楽しみのひとつ、それは“試食”!わたしはいつも食べものについて書くときは「そうですねえ、うーん…食べてみないことには〜」と渋い顔をつくりながら連呼し、なんとか食べる方向へ持っていきます。(いや、実際、大事だし必要なんですよ!)

そして今回も[キャレ・オ・ショコラ]を販売すると店主に聞いたとき、「試食できる?」と反射的に。コ・ボナさんに無理を言って、準備をしていただきました。

▲手帳とペンを準備

 

▲パッケージもいつものコ・ボナさんイメージよりも大人な雰囲気!

 

丁寧に包まれたパッケージを開いていくと、並ぶ4つの生チョコサンド。カカオの含有率が4種類のサンドを食べ比べできる、贅沢なセットになっています。甘いものが大好きな男性はもちろん、得意ではない方にも喜んでもらえそうなラインナップです。

▲40%、56%、64%、70%

 

持ってみると、ずっしり重厚感があります。そして隠しきれない分厚さ。生チョコ部分だけでも「チョコレート」として販売していそうなくらい。ココアサブレで挟んでいるからなおさら、その厚みが際立ちます。

▲分厚い!

 

 

姉妹、ノックアウトされる

▲たまらない表情!

 

ひとくち食べて、カーン!鐘が鳴り響きました。な、なんですかこれは!!コ・ボナさんがamairoで販売してきたお菓子の数々が、ぶわーーーーっと頭に浮かんできました。この極厚生チョコサンドに、コ・ボナさんのお菓子の魅力がギュギュギュギュッと凝縮されているように感じたのです。

 

▲ボロボロしないの!一体感がすごいの!(誰)

 

かじる瞬間、もちもちとした食感に驚き。外側のサブレ生地はもっと固めでボロボロするかとおもいきや、しっとり。深いコクとココアの少しの苦みを感じながら、中身の生チョコゾーンへ突入。すべてが口のなかで一体となった瞬間、「あれ?!サブレはどこに?!」という不思議な口溶けを実感。でもしっかりと味わいに溶け込んで、生チョコの濃厚さを良い意味で和らげていました。

 

試作をかさねて仕上がった味わい

スーッと馴染むサブレ生地にサンドされた、しっかりと密着しているのに口のなかでほどける生チョコレート。いったいどんな秘密があるのでしょう。

奈々さん
「サブレ生地は極力、小麦粉の量を減らし、アーモンドパウダーを加えコクを生み出し、柔らかい口当たりにしています。6~7種類試作して、生チョコを邪魔しない滑らかな口当たりでありながらも、しっかりと存在感を放つサブレを選びました。

生チョコは%によって固さが変わってしまうので、生クリームの量を少しずつ調整しています。チョコがけするときに生チョコ全体にかけてみたり、半分かけてみたりしましたが、接地面にはチョコは着けずに生チョコを少し溶かしてサブレ生地とくっつけています」

 

フランス老舗のチョコレート

フランスでプロから庶民にまで愛される老舗・ヴァローナ社のクーベルチュールチョコレートを使っているのも大きな特長です。

奈々さん
「香りやバランスがよく、もちろんそのまま食べても美味しくて、加工しても負けない華やかさがあります。フランスの修行時代にも使っていたので、私に馴染みのある味なのかもしれません。修行していたレストランの隣町に工場があり、見学へ行ったりもしたので、妙に親近感もあります」

 

 

 

食べて違いのわかる、カカオの含有率。だからこのパーセンテージを段階的に選んでいるのか!と、あなたもきっと膝を打つはず。(わたしは打った!)

40%はブラックコーヒーがお似合い。

56%は甘さのすっきりした後味。

64%は甘みのなかから苦味が立ちのぼり、

70%は苦味よりもかえって酸味を感じる味わいです。

 

すべて「お酒にも合いそう」な反面、お子さんと一緒に食べられるようにと[キャレ・オ・ショコラ]自体にはお酒を使わずに仕上げられています。

 

ふたくちで食べたい!

店主は試食中に何度も「これ、ふたくちで食べるのが正解だよね」と10回は言っていました。ひとくちで食べきってしまうには大きいし、なによりもったいない!かといってチビチビ食べるのは良さを活かしきれない。ふたくちが、どうやらちょうどいいようです。ぜひお試しを。

 

これもらった人は幸せだな

奈々さん
「ただの生チョコだけでは他でもあるし、なにかコ・ボナらしいものをと思いました。ひとつで満足感のあるものにしたかった」

その想いごとサンドされたかのような[キャレ・オ・ショコラ]。わたしは試食を通じて、これをもらった人は本当に幸せだな、とおもいました。おひとりなので作れる個数に限りがあるなか、少しでも多くの方にとの想いで準備してくれた奈々さん。

ご予約された方、当日手にしたラッキーな方、どうぞおたのしみに!

 

試食をして書いたコピーが店頭に

試食をさせてもらったからには、コピーでおいしさを伝えねば!そうしてできたのが、店頭やパッケージのコピーです。店頭でお見かけの際や[キャレ・オ・ショコラ]を食べる前、コーヒーを淹れている間にでもどうぞご一読くださいませ。食べて感じた「最高だぜ!」の想いを言葉に込めたので、うまく伝わるとよいのですが…。

この3連休は真冬らしく、寒くなりそうですね。みなさん、よいバレンタインを!

きょうも1日、おつかれさまでした。明日もまた、素敵な1日を。

 

*******

amairo
11:00-18:00(時間変更あり)
定休日:水曜日

 

▼[キャレ・オ・ショコラ]の販売について▼

【ご予約の受け渡し】*ご予約の受付は2/5(火)で終了しています
2/9(土)〜14(木)まで
当日お気をつけていらしてください。

【店頭販売分】
2/9(土)〜14(木)までの間、
毎日5個くらいはご用意させていただけるかと思います。
また当日在庫状況をお知らせさせていただきます。
12(火)は、コ・ボナの奈々さんがお店番してくれます。

 

オンラインショップ