amairo
amairo
埼玉県深谷市の小さな雑貨店 amairo
ホーム / くらしのコラム / こんにちは、petit maisonさん

こんにちは、petit maisonさん

身近な人を幸せにできる人

さて、今回はpetit maisonさんの特別オーダー会にあわせて店主とインタビューをしてきた【後編】をお届けします。(前編ではオーダーアイテムについて詳しくご紹介しています)

 

 

世の中では大きな夢とか野望とか、そういうものが評価されるし絶対必要なものだと思いますが、私個人としては「身近な人を幸せにできる人」をとても尊敬しています。今回初めてゆったりとお話をして、petit maisonさんは、そういう方だなあと。店主が用意してくれたパティスリー コ・ボナさんのブランデーケーキとともに、petit maisonさんとの優しい時間が始まりました。

(2021.07.28 wed)

 

 

ハンドメイド一家で育った幼少期

今回のオーダー会に登場「パッチワークポーチ」

 

「思い返してみれば、母も祖母も、母方のおばたちも、みんなハンドメイド好きでした。パッチワークなどもまめにやっているのを側で見ていたので、自然と自分もハンドメイドが好きになって。でも作家として活動を始めたのは13年前、2008年のことでした」と、終始穏やかな笑顔でお話してくれたpetit maisonさん。

 

 

その日も手作りのバッグインバッグを携えて、ふんわりとしたシルエットのスカートに柔らかなブラウス。例えば、待ち合わせでどこかに立っていたとしても「ああ、この方がpetit maisonさんに違いない!」と自然に思えるような、実にイメージ通りの素敵な方でした。

 

 

▲手作りのバッグインバッグ。自分用だからそんなに手をかけていないんです、といいつつも、とっても使いやすそう・・・!

 

 

意外にも、前職では事務仕事を

2008年に作家活動を始めるまでは、なんと事務仕事をしていたというpetit maisonさん!Excelを使いこなしていたそう。それを聞いた店主が「だからなんですね!」と意味深発言。

 

 

店主:
「いつもオーダー会のオーダー表をpetit maisonさんが作ってくれるんですが、それがとってもわかりやすくて。日々のスケジュール管理なんかも上手ですし、前職のお話を聞いてなんだか納得してしまって」。

 

その後、ご結婚、ご出産を経て、本格的な作家活動をスタートさせたといいます。

 

 

店主との出会いの瞬間が新聞に!

作家活動をはじめた当初、自分で作った作品を「発信してみよう」とブログにアップしていたところ、イベント主催者の方の目に留まってハンドメイドイベントに出店。当時は作家さんが作品を直接販売するのも主流ではなく「こんな世界があるんだ!」と衝撃を受けたのだといいます。

ちょうどそのイベントを訪れていたのが、まだ店舗も決まっていないamairo店主でした。

 

 

▲petit maisonさんを前に店主、笑顔全開!

 

 

petit maisonさん:
「こういうお店をやるんです、作品を扱わせていただけませんか?とお話をいただいて」

 

店主:
「まだなんの形もない、資料だけの状態だったのにご快諾いただいて…。あれからもう何年もお付き合いさせてもらって、今回のような素敵なオーダー会が開催できるなんて、本当にすごいことだと思います」

 

そんなお話をする中、petit maisonさんがおもむろに「実は母がこんなものを取ってくれていて」と取り出したのは一枚の新聞記事。

 

 

▲当時、petit maisonさんが出店していたイベントについて紹介している新聞記事。

 

「うつってるんです」

「え?!」

「えええー!!!」

 

▲よく見ると・・・いた!

 

店主が一生懸命petit maisonさんに交渉している姿が写っていました。何とも奇跡的な瞬間を捉えた一枚に、一同、ひっくり返るくらい笑いました。

 

 

気持ちが上向く布小物

petit maisonさんの作品の特徴といえば、魅力的な色合わせやパッチワーク。眺めているだけで何だか楽しくなるようなものばかりで、毎回入荷するとすぐに旅立ってしまうほどの人気ぶり。

 

 

▲昨年のオーダー会でのカフェカーテン。素敵な色合わせ。我が家にもあります!

 

 

petit maisonさん:
「基本的には楽しんで作ることを大切にしています。やっぱり伝わると思うので…。気持ちが追われているよりは、楽しんで。うん、そんな感じです」。

 

そのお話を伺って納得。小さなヘアゴムからバッグに至るまで、大きさや価格を問わないクオリティで、私たちの気持ちをふっと上向かせてくれます。petit maisonさん、その心、作品にこもっておりますよ!

 

 

バトンを受け継ぐ感覚で

最後に、今回のような「オーダー会」と「普段の作品づくり」ではどんな違いがありますか?と尋ねたところ

 

petit maisonさん:
「もちろん自由度は作品づくりの方が大きいですが、オーダーは自分ではしない色合わせや組み合わせなど、発見がすごくあるのが面白いですね」

 

とのご回答。なるほど、そういう感覚が。

 

petit maisonさん:
「あと、amairoさんのアイデアをどんなふうに組み込んでいこうかな、と考えるのも楽しかったりします。今回でいうと“A4サイズが入って男性でも使えるもの”、“内側に蓋つきの大きなポケットとペットボトルホルダーが欲しい”とか…」

 

店主:
「毎回、どんなオーダー会にしようかお話するんですけど、まずはお客さんからの声も参考にしながら“こんなのあったらいいな”をばーっとpetit maisonさんにお伝えするんです。そうすると試作品に落とし込んでくださって。それをまたキャッチボールしながら最終的な仕様を決めていく感じです」

 

petit maisonさん:
「オーダー会では企画段階でアイデアをキャッチボールして、それを形にして、今度はお店でオーダーを受けていただいて、それをまた形にして…と、何度もバトンを受け継いでいくような感覚がありますね」

 

 

「amairoさんには愛を感じる」と取材中何度も言葉にしてくださったpetit maisonさん。店主もまた「この長い関係性がないとこういうオーダー会は絶対できないと思う」と繰り返していました。

 

 

▲今回のオーダー会のバッグ!こんなに大容量。男性にもおすすめ。

 

 

オーダー会の後も

petit maisonさん曰く、「今回のオーダーバッグはパラフィン帆布を使っているので、使い込むほどに味が出るところが特におすすめです!」とのこと。

既にたくさんの方にオーダーいただいていて、感無量です。オーダー会は7/31(土)で終了しますが、今後も引き続きpetit maisonさんの日常を幸せにしてくれる作品がamairoの店頭を彩ってくれることでしょう。オーダーいただいた方は、完成をどうぞ心待ちに!

 

きょうも1日、おつかれさまでした。明日もまた、素敵な1日となりますように。

 

*******

 

petitmaison特別オーダー会2021

▼7/31(土)まで
*オーダー会について詳しくはこちらもご覧ください【前編】

 

◎パラフィン帆布のこだわりトート【限定50オーダー】
♦︎お渡し時期:9月上旬〜下旬(順次)
*オーダー順が41番-50番の方はお渡しが10月中旬になる場合がございます。
店頭で個別にご案内いたします。

 

♦︎仕様

外布: パラフィン帆布10号
【生成り/薄茶/グレー/ブラック/よもぎ/あおにび/ネイビー/テラコッタ/サーモン/オリーブドラブ】全10色

内布: 79Aパラフィン帆布
【抹茶/あおにび/薄茶/生成り/辛子/オリーブ/ネイビー/ブラック/朱赤】全9色

★外布・内布合わせて3色までセレクト可能

 

♦︎価格
オプションなし 5,600yen
ーオプションマグネット +100yen
ーオプションタグ +100yen

*タグの色は内布の色になります

 

♦︎注意事項
数量限定/お一人様2点までオーダ可

 

ーーーーー

◎パッチワークポーチ【各サイズ限定50オーダー】
♦︎お渡し時期:9月上旬〜下旬(順次)

 

♦︎仕様

カラー: ピンク・緑・カラシ
サイズ: S・M・L

 

♦︎価格

S: 1,600yen
M: 2,100yen
L: 2,500yen

 

♦︎注意事項
数量限定/サイズ問わずお一人様1点までオーダー可

 

 

オンラインショップ