amairo
amairo
埼玉県深谷市の小さな雑貨店 amairo
ホーム / くらしのコラム / 滞在3時間!弾丸ひとりディズニーシー

滞在3時間!弾丸ひとりディズニーシー

どうぞ、変な人認定してください

きょうはamairoとまったく関係のないお話をひとつ。【箸休めのおはなし】として、くらしのなんてことないことをエッセイ的に綴っていきたいとおもいます。

「なんだか笑っちゃう!」そんな後味ののこるコラムになればいいなあ。
(2019.06.15 sat更新)

ひとりディズニーデビュー!

空は晴れている、とある梅雨の1日。なんだかモヤモヤ気持ちが晴れない。娘が幼稚園に行っている時間でどこかへ行こう。山?海?うーん。なぜだかパッと思いついたのがディズニーシー。

 

たぶんつい先日、シーのお土産のチョコを食べたのと、妹から誕生日プレゼントの案として「ディズニーチケットはどう?」なんていう話があったのが、どこか頭に残っていたのかも。

 

最寄駅近くに車を停め、電車で舞浜を目指しました。到着時間予想はAM10:35。実際に動き出せるのはおそらく11時だろう。お迎えに間に合うためには14時にシーを出なくてはならない。これは使命だ。

 

3時間…か…ゴクリ。一瞬戸惑う気持ちが生まれる。どうした!行くと決めたんじゃないの?

 

3時間でチケット代7,400円。どーん!立ちはだかる壁!

 

こういうとき、わたしはいろいろ置き換える。2時間飲み放題コース料理付きの飲み会で4,000円、二次会で何杯か飲んでつまんで2,500円、交通費で1,000円…しめて7,500円也。

 

うむ、飲み会1回分だとおもおう。もし楽しめなくても、どうしても参加しなくちゃいけない変な飲み会にお金使っちゃったのだと置き換えれば、諦めもつくかも。

 

いいんだ。誕生月だし。欲しいものも特にないし。自分が納得できることにお金を使おう。

 

そう決めて、電車のなかで予習。ディズニーリゾートアプリを開くと、きょうはどうやらランドのほうが空いていそう。でも、ランドは昨年家族で行ったし、初志貫徹!しばらく行っていないシーへ。

 

ひとりディズニーだー。いつかやってみたいなーなんてぼんやり考えていたことに、足を踏み入れようとしている。そういえば、ひとりだとアトラクションに早く乗れる仕組みがあるって聞いたことあるぞ。思い出してググる。「シングルライダー」というらしい。ちょっとワクワクしてきました。

 

AM 10:40ディズニーシー駅について、チケット購入。
AM11:00 ディズニーシー入り!予想通りのタイムライン。

アプリでマップをみながらウロウロ。お目当はショーではなく、アトラクション!とにかくジェットコースター系に乗ってスッキリしたい。

 

・レイジングスピリッツ(シングルライダー対応)

・インディジョーンズ(シングルライダー対応)

・センターオブジアース

・タワーオブテラー

 

あとは、海を眺めてぼーっとしたい。

・ベネチアンゴンドラ

・ボート(正式名称がでてこない)

 

制限時間は3時間。このへんをひとつふたつ制覇できれば…とおもっていた。

帰りがけ、出口近くにあるタワーオブテラーに乗っておさらば!としたかったので、入園早々にファストパスを取りに向かうも撃沈。すでに夕方以降の時間帯しかない…ま、そうだよね、11時だもんねー。

 

▲タワーオブテラー

 

おい、シングルライダー!

自分を慰めながらシングルライダーできるインディジョーンズとレイジングスピリッツのエリアへ。

 

まずはインディジョーンズのファストパス入口にいるお姉さんにコソッと「シングルライダーなのですが」というと「どうぞ!」とファストパスの列に入れてくれる。魔法の呪文みたい。すらすらすらーっと行列横目に歩いていく快感。ファストパスチケット回収のところでシングルライダー専用レーンへ進む。

 

…ここからが意外と長かった!事前に調べたところによると“15分くらいで乗れました!”という話もあったけれど、わたしの場合40分。この時、通常の待ち時間が90分と考えるとそれでも半分以下!ならば、なかなかよいかも、と思える。

 

意外だったのが、外国人カップルや年パスを持っている風の2-3人グループがシングルライダーの列に並んでいたこと。アトラクションに乗るときはバラバラになってしまうけれど、乗り場まではおしゃべりもできるし、時間短縮にもなる。どうしてもみんなで一緒に乗りたい!というわけではないのなら、それもいいのかもしれない。裏技!

 

ディズニーのアトラクションは2人1組、4人1列が主流。シングルライダーは3人組、5人組できているお客さんの隣に空きが出てしまうとき、ひとり客が乗れるシステム。だから正規の列でカップルが続くとなかなか空きが出ず、乗れるチャンスが来ない。

 

だからもう、目を皿にして列を凝視。何人組か?ん?これは親子か…?違う!別のグループだ!なんてことを繰り返し、3人組がくると心の中でガッツポーズ。

 

インディジョーンズでは女子高生3人組の隣にそっと座ると、ちょっと訝しげにみられました。アトラクションがスタートしてからも、若い彼女たちはちょっと進んだだけで膝を叩いて爆笑し、その姿にわたしは爆笑。4人1列の右から左へと、爆笑のウェーブができたのでした。

 

急降下するところで思わずキャーと声をあげても彼女たちのエネルギーにかき消されてまったく気にならず。出口で写真をみると、誰よりも満面の笑みで写っている自分がいて「おい、シングルライダー!いちばん笑ってるやん!」と思わず突っ込んでしまいました。

 

▲爆笑するシングルライダー

 

シングルライダー再び

この時点でPM12:20です。

お手洗いや風景写真を撮ったりと寄り道しながら、すぐ近くにあるレイジングスピリッツへ。こちらもシングルライダー対応です。またコソッと魔法の呪文「シングルライダーなのですが」と伝えて進むと、これまたスムーズ!

 

今回はシングルライダーそのものの待ち人数が少なかったため、すぐに順番がまわってきました。5分足らずで乗り場に!アトラクションそのものの回転が早いのかな?

 

2回ほど急降下して、360度回転して。キャーキャー叫びながらダダダダっと駆け抜けると、そこはかとない爽快感!コースターを降りるまでの間、なんだか余韻で笑けてきてしまい。ハハハハハ!ふふふふふ!ひとり小さく笑う最後尾の30代・女。

 

前のカップルがちょっと後ろを気にするも、ここはジェットコースター。身体がガッチリ固定されて振り向けない。もどかしいでしょう…ふふふ…絶対顔を見せない!と決めて、出口到着後、いちもくさんに立ち去る。

 

あー、満足。もう満足だわー。

 

ここでPM12:45。リミットまであと1時間足らずです。

 

アプリでほかのアトラクションの待ち時間をチェックすると、やはりお昼を過ぎて混み合ってきたようで100分、150分の文字が。ファストパスの発券も多くが終わっていました。

 

アトラクション待ち時間をこまめにチェックしていると、結構時間帯によって待ち時間の長さが違います。たぶんアプリでチェックして待ち時間の短いところに集中移動してしまうのでしょう。逆をついてそのとき一番待ち時間の長いものをめがけて行くと、意外と進みが良いのかもしれません。

 

▲レイジングスピリッツ

 

とある限界を迎え…

ベネチアンゴンドラやボートでぼーっと船旅しようかとも考えましたが、とにかくお腹がすいて力が出ません。いつもAM11:30には昼ごはんなんだ!限界だ!

 

シングルライダー2連発で割と満足したのでアトラクションには並ばず、ふらふらと海の街をお散歩することにしました。そこで見つけたのがブラックペッパーチキンロール。どこもかしこも長い列をつくっているなか、ちょっと引っ込んだ場所にあるからでしょうか。人もまばらで空いている!(わたしがなぜ見つけられたかといえば、それは嗅覚です)

 

▲ブラックペッパーチキンロール。骨がないので小さい子もお年寄りも安心!

 

ビールも売っていましたが、さすがに我慢。娘のお迎えがありますからね。小腹を満たし、陽気な音楽と外国のようにつくられた街並みのなかで気の向くままに歩き、ミッキーの顔をしたカスタードケーキをデザートにいただきました。

 

ひとりなの、気にならない?

ところで、ひとりでいると周りからの目線は?というのが疑問としてありますよね。わたしもすごい冷たい目で見られたり陰口言われたら地味にへこみそう…とおもっていたところもありましたが…

 

これが意外と、大丈夫!グループで来ていてもファストパス取得のためやお手洗い、ポップコーンなどの軽食を買うためなど、意外とひとりでふらふら移動している人っているものです。そういう人に紛れて、あんまり気になりません。無駄にちょっと急いでいる風にするといいかも。

 

それと、わたしの場合は特別な機会というよりも、自分のリフレッシュを最優先させた無理のない過ごし方だったため、余計に気にならなかったのかもしれません。

 

あれもしたい、これも乗りたいーとなっていたら、家族や友人と来ればもっとラクにまわれたかなーとおもったりもしそうですが、意外にも3時間という制約、ジェットコースター系にひとつは乗りたい!と目的を絞ったのが功を奏し、とてもリラックスしてたのしめました。

 

最後の1時間はおみやげをみたり、カフェラテを買ってテラスでぼーっとゆっくりして帰路に。

 

▲偶然、ミッキーにも会えました!顔出しOKなのかな?ソワソワ

 

ディズニーにひとりで行ったという事実が、なんだろう。不思議と自信になったというか、度胸がついたというか。これができるなら、なんでもできるんじゃない?と思えたというか。荒治療みたいな感じですが、モヤモヤは吹き飛び、いろんなやる気が戻ってきました。

 

でも次回は家族で行きたい

ちょうどわたしが14時でパークを出る時、前を歩いていた家族が「一度ホテルに戻って休んで再入場したいのですが」と言っているのを聞き、なるほどー!と。

 

家族で行くとなれば一大イベントですから、朝から行きます。でも、疲れるんですよね。午後過ぎると。ゆっくり休憩できる場所も多くないし、夜のショーやパレードまでもつのか…?年々体力もなくなっている自覚があるので、そんな手があったのか!と。

 

予算面を考えると来られる回数は減るかもしれないけれど、次に家族で来る時は近隣のホテルに一泊するのもいいかもと思いました。

 

じいじばあばと一緒ならなおさら、休める場所を確保し、じいじばあばや娘が元気な午前中に動き、午後はひとやすみ、夕方以降に再びパークへ、というのも良いプランだなあと。日帰りできる距離なのでちょっと贅沢ですが…みんなが無理なくたのしめることに投資すると思えばそれもアリかな、とおもったりしています。

 

あと、じいじばあば世代のご夫婦が年パスを首からぶら下げて、ご主人はパリっとしたシャツに帽子、ご婦人も鮮やかなストールが目を惹く素敵さで歩いているのをみて、ああ、老後にこんな過ごし方があるのねー!と目から鱗。

 

確かにシーならば四季折々で大人もたのしめるし、外国へ行くのはしんどくても外国気分も味わえます。平日ならゆったり過ごせますしね。ちょっと憧れのご夫婦でした。

 

ああ、通常のコラムよりも長いですね!なにか参考になればうれしいです。
きょうも1日、おつかれさまでした。明日もまた、素敵な1日を。

 

追伸:
おかげさまで、ブランデーケーキはご予約で完売しました!コラムを読んでいただいた方、ありがとうございました!

ご予約いただいたお客様で、ご来店日お知らせまだの方は、★ご来店日の前々日までにお知らせください☺︎(毎日ご予約分のみ納品していただいている為)

もしかしたら来週22・23日で数本だけご予約意外にも販売できるかもしれません!
またお知らせさせていただきますね。

*******

雑貨店 amairo
11:00-18:00
(水)定休

 

オンラインショップ