amairo
amairo
埼玉県深谷市の小さな雑貨店 amairo
ホーム / くらしのコラム / 【箸休めのおはなし】小さな思い出、大きくふくらむ。

【箸休めのおはなし】小さな思い出、大きくふくらむ。

ここらでふーっと一息。

【箸休めのおはなし】。このシリーズでは、くらしのなんてことない話をエッセイ的に綴っていきたいとおもいます。「なんだか笑っちゃう!」そんな後味ののこるコラムになればいいなあ。

今回はいろんな思い出をちりばめて、最近もくもくと心にのぼってきたことを少しずつ、綴っていこうとおもいます。
(2018.06.08)

わたしにとってのワンピース。

店頭ではワンピースフェアがスタートしています。(〜19日まで)
女性ならばひとつは必ずあるでしょう、ワンピースの思い出。男性も、好きな女の子との甘酸っぱい記憶にのこっていることもあるでしょうか。

夏が近づくにつれ、思い出すのが幼稚園生くらいの頃にお気に入りだった、緑の花柄ワンピース。淡いグリーンで、袖はふんわり、フリフリになっていて。当時からあまり女の子らしい格好は苦手でしたが、母の好きな色だった緑が自分に似合うというのが、とてもうれしかったんです。

祖父母が北海道からあそびにくることになり、駅まで迎えにいくときにもそのワンピースを着ていった記憶があります。まだ湘南新宿ラインも通っていないどころか、あの立派な駅舎さえもなく。すっからかんな深谷駅へ、母がこぐ自転車のうしろに乗って風をきっていく。

▲いまでは関東の駅100選にも選ばれる、深谷のレンガ造りの駅。

ほんの数分の距離ですが、おしゃれをしてお出かけすることがこんなにもウキウキするのかと、子どもながらに感じていました。

成長著しかったわたしはすぐに着られなくなってしまい、それがとても悲しかったはずなのに、その後あのワンピースがどうなったのか今も思い出せずにいます。あれは、母の手作りだったのかなあ。

 

その人の時間をいただくこと。

母がこのところ、わたしの娘、つまり彼女にとっては孫のために、夏用のワンピースを作ってくれました。

▲孫のためにユザワヤに通いつめる母。

いまは昔とちがって、子供服も安くかわいらしいものが手に入りますが、それでも、目をしょぼつかせながら型紙をとり、古いミシンに悪戦苦闘しながら、細部は手縫いで仕上げてくれたワンピース。

手作りというと“想いのこもった”という言い方はよくしますが、想いだけでなく、時間もいただいているんだなあということに、最近とある人の言葉から気が付かされました。

娘はまだ1歳。そんなことはわかるはずもないけれど、いつか伝えてあげたいですし、もう少しわかる年齢になる頃にまた1着、彼女が誇らしい気持ちになるようなワンピースをぜひ、つくってあげてほしいなあとおもいます。

そんな思い出をつらつらと書き連ねながら、amairoのワンピースフェアでも、どなたかのこれからの思い出となるような素敵な1着が見つかりますように、とひっそり祈っています。

 

気持ちがなごむ瞬間。

そうそう、ひとつお礼をこの場で。先日の豆わらべさん主催の深谷ベースでのイベント、ご来場くださったみなさま、ありがとうございました。コラムを読んでくださっているとお声がけいただくこともあり、とても嬉しい反面、照れ臭かったです。

文化祭の準備をサボっていたのに、当日だけ参加したずるい人みたいな心持ちで、少しの罪悪感を抱えながらも、たっぷりと楽しませてもらいました。

店主はきっと、準備に心くばりをかさねたことでしょう。お持ちしたアイテムが笑顔とともに旅立っていくとき、「え!そんなところにお店があるんですかー!」と、初めて知っていただいたとき、いつも来てくださる方をみつけて手を振るとき。そのどの瞬間も、店主はえへへと笑っていました。

わたしたちの目の前でイベント開始時刻前からの行列に休むことなく応対しつづけていた、餃子やチーバオさんこと、パティスリー コ・ボナさん。

チーバオさんがすべて完売し、おつかれさまですーと顔を出してくださったときには、店主、泣いていました。豆わらべさんと話しているときにも涙ぐんでいたし、ああ、ほんとうにamairoの周りには素敵な人が集まっているんだなあ、と、わたしも実感できてとてもうれしかったです。

わたしは、というと、amairoが再会のきっかけとなった中学校卒業以来の同級生と直接会うことができたり、出店していた『レインボーローズ』さんで青空のもと、ヘッドマッサージを受けたり、豆わらべさんのアイスコーヒーをいただいたりと、お手伝いもそこそこ、ほんとうに満喫しておりました。

▲ヘッドマッサージ。空がみえて気持ちよかった…!(写真の施術を受けている美人さんはわたしではありません…ざ、残念ながら…)

みなさま、ありがとうございました!

 

そしてそして!

深谷シネマでは明日6/9(土)まで、以前こちらのコラムでもご紹介した映画『グレイテスト・ショーマン』が上映されているようですよ。

上映してくれないかなあ、とコラムにも書いていたので、念願叶ってうれしい!ですが、わたしは期間中にうかがえませんでした…ご都合あう方がいらっしゃいましたら、ぜひ。

 

きょうも1日、おつかれさまでした。明日もまた、素敵な1日を。

*******

amairo ワンピースフェア
6/19(火)まで

▼対象アイテム(一部)
店頭にはもう少し種類がありますが、既にオンラインページがあるアイテムのみ、こちらにリンクを貼っておきます。それぞれの特徴もご参考までに。先週のコラムでは、わたしが選ぶ1着について綴っています。

◎羽織れる!店主はブラックとブルーを購入済で重宝しているそう。

[YARRA]フロント比翼ドルマンOP_ブラック

[YARRA]フロント比翼ドルマンOP_ブルー

[YARRA]フロント比翼ドルマンOP_ベージュ

 

◎珍しい色味、開きすぎない首元。

[YARRA]リネンボートネックロングワンピース_ラベンダー

[YARRA]リネンボートネックロングワンピース_チャコール

 

◎大きなポケット、たっぷり贅沢な生地感。

[YARRA]手織りリネン生地ワイドワンピース_ブラック

[YARRA]手織りリネン生地ワイドワンピース_ブルー

[YARRA]手織りリネン生地ワイドワンピース_ベージュ

 

◎鮮やかな色味、1枚でさらりと。

[YARRA]ひとつボタンワンピース_ダークブルー

[YARRA]ひとつボタンワンピース_マスタード

[YARRA]ひとつボタンワンピース_グリーン

 

オンラインショップ