amairo
amairo
埼玉県深谷市の小さな雑貨店 amairo
ホーム / くらしのコラム / 【暮らしをたのしむ】5月の魔法

【暮らしをたのしむ】5月の魔法

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしですか。

▲ゴールデンウィーク手前に三重旅行し、もうゴールデンウィークが終わった感じさえあります…

関東では比較的晴れつづきの連休、みなさまいかがお過ごしでしょうか。わたしはというと、前半は娘とふたり風邪に倒れ、風のように過ぎ去りました…

昨日からの後半、気を取り直して、でも特別なにをするでもなく。公園でテントを張ってあそんだり、衣替えをしたり、市場に行ってちょっと贅沢な肉・魚を買ったり。ふだん、腰が重くてできないことをたのしむ時間に

5月は両方の父の誕生日、母の日、結婚記念日とイベントがつづき、気候のよさも手伝ってワクワクした気持ちが募っている今日この頃です。

母の日、来週じゃん!どうしよう!という方、amairoにおすすめのセットがそろいましたよ。ぜひご参考に!わたしも、どれにしようかなあ。
(2018.04.28更新)

 

贈りものは、気負ってしまうものだけど

母の日ギフト、特に夫の母への贈りものはいつも迷ってしまいます。気の利いたものを渡したい!という嫁としての気負いとか、もっと単純に、よろこんでもらいたい!という想いが強すぎて、探すだけでヘトヘトになっていた年も。

今回amairoで展開する母の日ギフトセット。印象としては、ありきたりではないけれど、突飛でもない。個人店ならではのラインナップなのではと感じました。

実のお母さまはもちろん、義理のお母さま、そして尊敬する女性へ。一度、ご検討いただく価値はありそうですよ!

 

みんなでも、こっそりでも。

まずおすすめなのが、[パティスリー コ・ボナ]さんとのコラボレーションで実現したおやつとお茶のギフトセット。

甘いものとお茶を囲んでおしゃべりする時間は、きっとどんな世代の女性にとっても至福のひととき。

▲ほっこりおやつ時間をたのしむギフトセット

オーガニックハーブティー『Thank youのお茶』と[パティスリー コ・ボナ]さんの焼菓子7種がセットになっています。

直接渡しにいける距離ならば、こちらを囲んでそのまま一緒にお茶をするのもたのしいですし、難しければおかあさんが日々のつかの間のひとときに、ひとりでこっそり…と考えるのもたのしいですね。

 

見栄は抜きにして、ほんとうに贈りたいもの。

つづいて、ギフトセット2種類めは、おやつと腹巻と手ぬぐいのセット。

▲おやつと天然素材のギフトセット_A
▲おやつと天然素材のギフトセット_B

派手さはないけれど、ほんとうに相手を思いやっていることが伝えられるギフトだとおもいます。

腹巻はわたしも愛用者のひとりで、実際に夫のおかあさんに贈ったことも。今まで贈ったどのギフトよりもよろこばれました!

▲伸び縮みのポテンシャルが半端ないです。洗濯すると、元どおり。

わたしが妊婦のとき、臨月でおなかまわり1メートル近くあった頃も余裕でフィット!痩せ型の夫の母にもフィット!

お世辞などは言わない人で後日「洗い替えにもう一枚ほしいんだけど、妹さんに頼んで買ってもらえる?」と言われ、それならばともう一枚プレゼント。こちらもホクホクした気持ちに。

おなかだけじゃなく、心もあたためてくれる。とても優秀なアイテムです!今までおすすめしたり、贈ったりして必ず後日「コレ、いい!」とコメントをいただけるアイテムなので、わたしのなかではギフトの定番になっています。

セットの手ぬぐいも、やさしくもパッと目を惹く色合い。 

洋服ではチャレンジしづらい柄物も、手ぬぐいでなら持ち歩きやすいもの。バッグの中身が見えないようにサッとかけたり、インテリアとして壁にかざっても素敵!首にまいてもさりげなくアクセントになりそうです。

 

 

 

おやつの中身はなんじゃろな!

ご自身が消しゴムはんこでつくったという素敵な包装も気になる[パティスリー コ・ボナ]さんのおやつの中身を一覧にしておきますね!コ・ボナさんのコメントと、わたしが全種類食べた感想もどうぞご参考ください。

なかでもコ・ボナさんのなかで思い入れがあるのは、まるで元気玉をこしらえているような気分になる“ブールドネージュ”、お菓子づくりが好きになった初心を思い出す“アーモンドキャラメルパイ”、シンプルな材料だからこそ奥深い“バニラのディアマンクッキー”だそうですよ。

1)アーモンドキャラメルパイ
「何層にも折り上げたパイ生地にアーモンドスライスをちりばめてくるくると巻き、びよーんと伸ばしてこんがり焼き上げました。(パティスリーコ・ボナさんより・以下同)」

▲パリッとした食感がたのしく、ザクザク噛み進めるうちに口のなかでキャラメルの甘さ・ほろにがさが溶け出てきます。

2)くるみのブール・ド・ネージュ
「何年も作り続けている定番おやつ。多くの方に喜んでいただくたび、逆にわたしが元気をもらってきたお菓子です。くるくると手の中で転がす作業が、元気玉をこしらえているようで好きです」

▲宮古島の雪塩が使われているというこちら。塩が甘さをスッと引き締めてくれるような気がします。どこかひんやりとした口当たりも見た目のように「雪」を感じさせる一品です。

3)バニラのディアマンクッキー
「マダガスカル産バニラの香りが豊か。“ディアマン”とは、フランス語でダイヤモンド。周りのお砂糖がキラキラ、カリカリとアクセントに」。

▲サクッとしたら、そのあとはホロホロと砂のようにほどけていくのが不思議なクッキー。

4)きんかん&レモンサブレ
「お庭でとれた金柑でつくった自家製コンフィとレモン果汁のフレッシュな酸味が際立つサブレです」

▲クッキーとパイの中間のような食感で、きんかん部分に行き着くとほのかな酸味が広がります。フレーバーティーやアイスティーなどにも合いそう!店主は今回一押しのおやつだとか。

5)チョコチップゴマサブレ
「ラング・ド・シャ(猫の舌)のサクサクに黒・白のゴマをたっぷりつけて、チョコチップをアクセントに」

▲ゴマの香ばしさにチョコレートの甘さがほんのりと。

6)ヘーゼルナッツのコーヒーメレンゲ
「細かいコーヒーの粉をメレンゲにたっぷり混ぜ、芯までキャラメル色になるまでしっかり焼きました」。

▲ヘーゼルナッツの香ばしさが、溶ける瞬間ふわっと立ってくる。ほうじ茶や紅茶などにも合いそうな大人のおやつ。

7)サンキューサブレ
「シンプルだけどリッチなクッキーに“いつもありがとう”の想いを込めて」

▲彩りにもなっているラズベリーとパッションフルーツが、ほんのりと甘く、クッキーと溶け合ったときになんだかきゅんとする味。面と向かって「ありがとう」と言うのは照れるなあ、という気分がうまくお菓子になっているような気がします。

 

 

おしゃれ心をくすぐる、お出かけのおとも。

ラストは、大本命!手刺繍のストールとアームカバーのギフトセットです。

▲夏のお出かけをたのしむギフトセット_C
▲夏のお出かけをたのしむギフトセット_D

しっかりと紫外線対策をしながらも、おしゃれもたのしめる。そしてなにより、いくつあっても小さくたためば収納場所をとらないし、コーディネートによって変化をつけられるのもうれしいですね。

アームカバーは見た目の魅力もさることながら、素材にも注目してほしいアイテム。綿麻なので汗をかいてもつけ心地がサラリ。比較的ゆったりしたつくりなので、長時間つけていても窮屈にならずにつけられます。

ストールはインド綿に贅沢にも手刺繍がほどこされた、うつくしい仕上がり。

 大判なのでソファにかけたりと使い方もひろがります。おかあさんの雰囲気に合わせて色味を思案してみてくださいね。

こちらのセットは、ギフトボックスにもご注目を!詳しくは各商品ページをご確認ください。

 

ワクワクは魔法のように。

わたしは、ギフトを選ぶってとてもたのしい反面、自分に余裕がないときには面倒でもあると感じていて。でも、そういう時間をなるべくワクワク過ごせるようにしたいなあとおもっています。

そういうワクワクもギフトを贈る相手に届くと、どこかで信じているからでしょうかね。

こちらのコラムも、誰かのワクワクの手助けとなれますように。

きょうも1日、おつかれさまでした。明日もまた、素敵な1日を。

 

*******

★そのほかのおすすめ母の日ギフト!★
店頭にはほかのデザインも取り揃えております。お気軽にお尋ねくださいね。

▲ホームウエアエプロン(ワンピース)_ナチュラル

▲綿麻Aラインエプロン_チャコールグレー