amairo
amairo
埼玉県深谷市の小さな雑貨店 amairo
ホーム / くらしのコラム / 【暮らしをたのしむ】何気なくはじめた500円玉貯金が!

【暮らしをたのしむ】何気なくはじめた500円玉貯金が!

うれしい驚き。

突然ですが、みなさんは貯金、上手にしていますか?わたしは大体、毎年この時期になると「もう今年も半年過ぎるんだな…」と思い、年始にたてた貯蓄目標をみて「わ!」と焦ったりします。

でも今年は同じ「わ!」でも、うれしい驚きがありました。
これは、ご紹介しなくては。そうおもって、コラムをしたためています。
(2018.05.25)

単なる飾りだった貯金箱が本来の役割を…!

それは、昨年11月頃のこと。「500円玉貯金ってすぐ貯まるらしいよー」という噂を聞きつけ、完全に見た目だけで購入し、インテリアとして飾られていたアシカの貯金箱に500円玉貯金をはじめました。

ルールは簡単。買い物をして500円玉でおつりをもらったら、それをそのまま貯金箱に入れるだけ。はじめた当初はその強制的なルールで500円玉を手放すのがなんだか惜しい気持ちもありましたが、つづけていくうちに、あえて500円玉ができるように支払いをしている自分がいました。自分、ちょっとかわいいやつ。

たとえば789円なら、1289円支払う、というようなことですね。

たまにおつりが500円玉ではなく100円玉5枚でいただくこともあり、そうするとあーん!と残念な気持ちにも。本棚の高いところに飾っていた貯金箱ですが、そのうち出したり戻したりがちょっと大変な重さになってきました。

▲実はamairoでも、不動の人気を誇る「白くまの貯金箱」がありますよ!

 

半年間の貯蓄額、なんと!

7万円!でした。貯金箱がいっぱいになったら開けて金額を数えよう、とおもっていましたが、とある事情により全財産を数えることに…(これについてもいつかコラムでお話しますね)

それでも中身、8割程度は埋まっていたでしょうか。もしかしたら10万円になるような容量になっているのかもしれないですね。

家族が寝静まった夜にひとり、テーブルにタオルを敷き(音がうるさくないように)500円玉を数える姿、想像するだけで不気味です。それにくわえ、どんどん数える金額が大きくなっていくよろこび!

4万円ほどまで数えたときには小躍りし、夫を叩き起こして報告したい欲望をおさえ、7万円まで数え終えたときには「これをどんな資金にしよう!」とワクワクが止まりません。

家族で温泉に行けるかな。ずっと勉強したかったスクールの資金にしようかな。娘の将来にとっておこうか、それともどーんとおいしいコース料理でも食べにいこうか…!たのしい妄想はふくらむばかり。

 

amairoの素敵なお客様

amairoのお客様のなかにも、500円玉貯金で貯めた資金をつかってお洋服などを買ってくださる方がいらっしゃるんだそう。店主はそれが、とってもうれしいんだそうです。

わたしも、あの貯金箱が満杯になったら、その一部でamairoの憧れアイテム(ちょっとお高い)を買おうかな、とおもったりしています。

暮らしのなかでお金はどうしても切り離せないものですが、少しでもたのしみながら付き合うことができればそれだけで、ちょっと豊かな気分に浸れますよね。

少しでもみなさまの暮らしのヒントになりますように。

 

きょうも1日、おつかれさまでした。明日もまた、素敵な1日を。

*******

★商品詳細★

▲シロクマの貯金箱