amairo
amairo
埼玉県深谷市の小さな雑貨店 amairo
ホーム / くらしのコラム / 【くらしの器】豆皿とお重、もっと出番を増やしたい!

【くらしの器】豆皿とお重、もっと出番を増やしたい!

出番を増やしたいモノたち

きょうのコラムのテーマは “知恵をしぼる!”です。早く大掃除に取りかかれー!知恵より雑巾しぼれー!という声は置いておいて…。お正月アイテムはじめ、もっと出番を増やしたいなあ、と感じるモノってないですか?そんなことをあれこれ考えて試してみました。とにかくおなかがすきました。(2017.12.22)

「お重」の出番を増やそう

ザ・お正月の代表格といえば「お重」。普段はしまいこんで、陽の目を見ることはない…我が家はその典型です(とほほ)。お重と考えるとお正月が終わればしまいこみたくなりますが、「蓋つきで便利な四角いうつわ」と考えてみれば、ちょっぴりワクワクしてきます。

たとえば、お刺身を入れてみるのはどうだろう?

と思いついて、感謝デーで賑わう某スーパーで買ってきました。

 

 

 

とりあえず、ツマからなにから、崩さないように移しかえてみるだけ。簡単!

まあ!素地の白に色とりどりのお刺身が鮮やか!ひと手間でぐんとおいしそうです。調子にのって日本酒まで用意してみました。お寿司を入れて一人分ずつにするのもいいかもしれません。時間に余裕のある週末の晩酌にもいいなあ。

 

つぎに、ちらし寿司を入れてみました。こちらで1.5合程度。ぎっしり詰めれば2合入りそう。あくまでイメージですが、これをメインにお吸い物を添える程度なら2人前(え?多いですか?)、お酒を飲みながらつまみ、シメにちょこっと食べるなら4人前、といったところでしょうか。
飴色のお重と卵の黄色、きぬさやの緑のコントラストが食欲を誘います…。炊き込みごはんや煮物も合いそうです。蓋をしておけるのもいいですね。

 

「豆皿」の出番を増やそう

最近は種類も豊富にみかけるようになってきたので、集めていらっしゃる方も多いであろう「豆皿」。わたしもお正月用にと、数年前に買い集めたのがきっかけでコレクターになりつつあります。

 

親戚や友人の集まりでは、テーブルが狭くなりがち。そんなとき取り皿がわりに使ってみたところ、特にお酒がメインの席だと意外にも事足りることが判明!洗い物にも時間がかからず、重宝しました。

普段使いとしては、家でのお昼ごはんを格上げしてくれるアイテムとしても使えそうです。平日は残りものでサッと済ませることも多いのですが、豆皿に並べてトレーにのせてみると…

 

「おばんざいカフェ風やないか!」ちょっといい気分でのお昼ごはんを楽しめました。ほかにも豆皿をアクセサリーの一時置き場として使っている方も。まだまだ工夫できそうです。

 

さいごに、優れもののしょうゆ皿もご紹介

ここまでにひっそり登場していたこちらの「しょうゆ小皿」。amairoの定番になりつつある商品なのですが、左にいくにつれて低くなっているのがおわかりいただけますか?そうなのです!つけすぎた醤油をきれるのです。

お刺身ってつるんと滑って醤油皿に入ってしまうこと、ありますよね。(わたしだけ?)そんなときにも右側でささっと醤油をきれば、スリットから余分な醤油が戻ってくれます。塩分を気にしていらっしゃる方へのプレゼントにもおすすめですよ。

さて、年内のコラム更新も残すところあと1回。amairoの年内営業日も30日までとなりました。気になる商品はお早めに、余裕をもったご注文・ご来店をよろしくおねがいいたします。(オンラインショップからの発送にはご注文から2〜3日お時間をいただく場合があります)

きょうも1日おつかれさまでした。あしたもまた、素敵な1日を。

 

▼商品詳細

梅紋角(うめもんかく)飴色お重/1段

梅紋角(うめもんかく)飴色お重/2段

白雪(しらゆき)お重/1段

白雪(しらゆき)お重/2段

★こちらのお重シリーズは陶器ですので、運動会など持ち歩く機会には向きません。ご家庭でおたのしみいただくことをおすすめします。

豆皿/千鳥

たんぽぽの小鉢

白たんぽぽの小鉢

ななめ底しょうゆ小皿

 

 

オンラインショップ